富田林道場11月活動紹介

2020年2月3日

昨年の活動になりますが、富田林道場から以下の報告がありましたので、ご紹介いたします。

●公民館まつり(11月10日)

 11月10日の中央公民館での公民館まつりでは、7名の剣士が舞台で演武を披露しました。今年は、12分という短い時間での演武でしたが、「武士(もののふ)」のBGMに合わせ演武を行い、観客を魅了することが出来ました。演武の構成に欠かせない曲となってしまいました。この曲を選曲して頂いた、赤木さんにはとても感謝しています。剣士7人による気魄のこもった雄姿をお届けします。

100ほどの席がほとんど埋まり、立ち見をする方たちもいるほどの大盛況でした。大きな拍手をもらい、充実した時間を過ごせることが出来ました。

●金剛バル野外ステージでの演武

11月24日(日)は、金剛バルの野外ステージに立ちました。ステージの周りには、たくさんのお店が出ていてとてもいい香りがしてきます。ステージでは、歌あり、ダンスありと楽しい雰囲気の中で行われました。そんな中で、「武士」のBGMに合わせ演武を行ってきました。 前日からの天気予報では、私たちが出演する時間に傘マークがかかりとても心配していましたが、演武当日は、五人の剣士の気魄に圧されたのか雨の心配もなく、約200名の観客を前にしてちょっと緊張しながら、そして子供たちの「かっこいい」という言葉に励まされ、無事演武を終えることが出来ました。  そして、更衣室が青少年スポーツセンターのホールだったこともあり、1月からの稽古場の下見をすることが出来ました。体育館の半面が使用でき、7人ではもったいないと職員の方に話をすると「何人でもいいですよ。」との返事でした。これから月一回の稽古場となりますが、多くの方に参加して頂ければと思います。

金剛バルでも楽しく充実した時を過ごすことが出来ました。 (文責 靍田)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください