第21回関西地区連盟居合道大会

2019年10月29日

10月20日(日)、岸和田市民道場心技館で関西地区連盟の居合道大会が開かれ、河内長野支部から14名が参加、13名が演武を披露しました。

 わが支部からは、峯正則(三段)・赤木誠宗(初段)が大会賞を、大坪了(初段)・田中茂廣(初段)が努力賞をそれぞれ受賞。峯剣士は2年連続の大会賞、赤木剣士は昨年の努力賞に続いての大会賞、田中剣士は3年連続の努力賞獲得でした。

大会賞
大会賞
努力賞

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください