関西無双直伝英信流之会仮審査会

2019年9月16日

演武前の稽古
受審者の演武

 11月3日の昇段審査会に向け、仮審査会を9月15日(日)河内長野市武道館で行ないました。一昨年より関西英信流之会の行事とし、兵庫・大阪・河内長野の三支部が参加するようになっています。今年は23名が参加、受審対象参加者は、少年の部から五段まで、女性3人を含めた16人でした。自主稽古の後、仁井先生・川平先生の元立ちで一時間の稽古、休憩をはさんで受審者の演武に移りました。時間の余裕をもって会場を確保していたため、2人づつの演武ごとにそれぞれに対する助言をいただき、さらに演武終了後には、助言された内容を確認したり個別指導を受けたりするための稽古時間をとりました。もちろん、この場で仮の合否判定をするわけではありませんが、それぞれが手応えをもった仮審査会になったことと思います。会終了後には近くのレストランに移動し、14名の参加で食べ放題・飲み放題のにぎやかな時間を過ごしたのは言うまでもないことです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください