本文へスキップ

無外真伝無外流 

無外流とは

無外流居合兵道と

                                          流祖 辻月丹資茂      無外流の流祖辻月丹資茂(つじげったんすけもち)は慶安2年(西暦1649年)に佐々木高綱の後裔辻弥太夫を父として、近江の国甲賀郡宮村字馬杉に於いて生まれた。
 13才のとき京都に出て山口流の山口卜真斎について剣術を学び、26才のとき江戸に行って麹町に道場を構えた。精神修養のため麻布の吸江寺の開祖石潭禅師に師事して、禅学と中国の古典を学んだ。 
 45才のとき悟りを開き、禅師から「一法実無外 乾坤得一貞 吹毛方納密 動着則光清」の偈(げ)を与えられ、無外流を開いた。
 
 弟子には、小笠原佐渡守長重、姫路の城主酒井勘解由忠挙、土佐藩主山内豊昌等の大大名をはじめ、一万石以上の大小名は32名、直参の士150名、陪臣の士932名と記録されている。酒井家には月丹の養子が、山内家には月丹の甥がそれぞれ召抱えられ、姫路藩と土佐藩を中心に無外流は各地に広まった。
 
 現代に伝わる「無外流居合兵道」は、月丹が流祖多賀自鏡軒盛政に学び、代々無外流伝承者に受け継がれた自鏡流居合を、姫路藩の剣術指南役の家に生まれ明治の剣道界に名を知られた存在であった高橋赳太郎先生から無外流を学んだ中川申一(士龍)先生が昭和になって体系だてられ再編成したものである。      
                    

 無外流は、映画やテレビでもよく紹介されており、黒澤明監督の遺作脚本である映画「雨あがる」では主演の寺尾聡が居合の妙技を演じている。またテレビでは、関西(フジ)テレビ系で放映されていた池波正太郎原作の「剣客商売」で、初老の主人公秋山小兵衛を藤田まことが演じていた。
                                        

 無外真伝無外流居合兵道会(無外会)では、会長の第12代宗家中谷義太郎先生主催のもと、毎年6月に流祖を偲んで中川先生ゆかりの高野山で法要及び無外流大会が行われている。





                                                                                      

支部長  新谷義信

連絡先 宮本博之         TEL
090-2044-6197          (18〜23時)