本文へスキップ

無外真伝無外流 

居合とは

居合の歴史と意義について
 
 居合は、戦国時代の永禄・天正年間、戦場で槍・長刀等が折られ、あるいは打ち落とされた場合などに、素早く刀を抜き放って敵に乗ずる暇を与えないために生じた武術である。
 流派として創めたのは、江戸時代初期の陸奥の人、林崎甚助源重信が林崎明神に参籠して霊夢を感じ、神明夢想流(または重信流)を考案したのが始めと称せられ、重信を「居合中興の祖」と称している。この夢想流は後に田宮流・伯耆流・無楽流・一宮流などに分かれ、後世には新田宮流・長谷川流・無双神伝流・自鏡流・無外流・関口流・一心流・上泉流・水野流・直心影流・渋川流などの諸派を出した。


 古来より「居合の勝負は鞘の中」と称えられているが、敵の殺意を感じると直ちにこれに応じて心意気を以て敵を威圧し、切先が鯉口を放れると一瞬にして勝を制する術である。鞘放れの一刀を以て敵を制する術であるため、刀の切先が鯉口を放れる一瞬に無限の生命を内蔵するものであり抜刀の一瞬が居合の真生命であるということができる。

 このように居合は元来敵の不意の襲撃にそなえ、直ちにこれに応じるために剣道の一分派として武士の間に創案された刀法であり、坐居の時、歩行するとき、その他あらゆる時と場所において正しい刀法と身のこなしを極め精神を修養する道である。

 「戦わずして敵を制するは善の善なるものなり」と言われるように、居合の極意は常に鞘の中に勝を含み、刀を抜かずして天地万物と和するところにある。「形により心に入り、業により心を養う」と言われるように、正しい刀法と身体の運用を極めて人格形成に努め、それぞれの与えられた天職に尽くすのが居合道の神髄とするところである。












支部長  新谷義信

連絡先 宮本博之         TEL
090-2044-6197          (18〜23時)